EYSキッズバレエ教室 〜健やかな心と体を育む〜

EYS-STYLEがキッズバレエに参入する背景

みなさん、こんにちは。EYS-STYLE広報の泉です。

EYS-STYLEでは音楽教室事業において、2017年からこども向けコース「EYS-Kids」を展開しています。こどものころから、多様な音や楽器に触れることで、興味を発見して伸ばすことはもちろん、EYS-Kidsでは、幼少期から様々な刺激を受けることで、オープンマインドを形成し、音楽以外の分野においても、自ら挑戦して吸収する姿勢を養うことを重視しています。また、自分を表現し、それを周りに認めてもらう経験は、自己肯定感を育て、芸術以外の分野でもこどもの将来の可能性を拓くと言われています。

EYS-Kidsでは、こどもたちと芸術の出会いの機会をより拡大することを目的に、音楽以外の芸術分野、例えばダンスや絵画などのレッスン展開を予定しています。本日は、その中から「バレエ」について、こどもたちの成長にどのような効果をもたらすのか取り上げます。

バレエがこどもにもたらす効果

EYS-STYLEでは、すでにバレエのレッスンを試験的に開始し、カリキュラムのブラッシュアップを進めています。EYSのキッズバレエの狙いや効果について、担当講師の一人、Ayumi講師に話を聞きました。

Ayumi

3歳からクラシックバレエを始め、専門学校でhiphop、jazz、modernなどオールジャンルを習得。2008年〜舞浜のテーマパークにてレギュラーダンサーとして活躍し、退園後、NYやLAに単身短期留学。現在、都内ダンススタジオや専門学校にて講師を務める。

担当ジャンル…クラシックバレエ・テーマパークダンス・ジャズダンス・キッズダンス 他

運動神経がよくなる!〜あらゆる分野で活躍できる体をつくる〜

バレエは「柔軟性」はもちろん、回転やジャンプ、そしてつま先立ちでバランスをとるといった動きを通して、自然に体幹を鍛えることができます。

昨今、多くのスポーツ選手が実践していることでも注目されている、体幹トレーニング。体幹を鍛えるメリットは、全身の筋肉バランスを整え、体全体の安定性が増すことにあります。一般的に大人が行っているような体幹トレーニングは、腕立て伏せのポーズをキープするなど、こどもにとっては面白くないトレーニングがほとんどです。バレエでは、音楽に合わせて楽しく踊ることを通して、幼少期から自然に体幹を鍛えることができるのです。

CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

体幹の強さは、バレエ以外の運動でも大きな効果を発揮します。例えば、かけっこでいつも最下位だったこどもが、バレエを始めてから1位を取れるようになったなんてことも。バレエはこどもの運動神経をよくしてくれるのです。

頭がよくなる!〜集中力、観察力、記憶力が鍛えられる〜

バレエは、手や足、そして首の角度に至るまで、体の使い方や形のルールが厳密なダンスです。こどもたちは、先生や先輩の動きを目で見て観察し、指先や足先まで一生懸命真似することで、バレエの動きを少しずつ自分のものにしていきます。この過程は、こどもたちの集中力や観察力を自然に養ってくれます。

CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

また、レッスンでは、毎回違う振付を、その場で覚える必要があります。先生の話を集中して聞き、すぐに振付を覚えて自分の体で再現する、この過程を通して、記憶力も鍛えることができるのです。

これらの集中力、観察力、記憶力は、バレエ以外でも活かすことができます。データで証明できているわけではありませんが、バレエ教室に通うこどもたちは、学校の成績も良い子が多い印象があります。

コミュニケーション能力が高くなる!〜豊かな感受性とマナーを身につける〜

バレエはクラシック音楽にのって踊ります。歌詞ではなく、音楽の抑揚やメロディーで、登場人物の心情や物語の展開を感じ取り、自分の体で表現する経験を通して、こどもの豊かな感受性を育むことができます。

また、バレエは団体レッスンが基本のスタイル。教室に入るときのご挨拶から、レッスン中のお友達への配慮まで、社会で通用するマナーを自然に身につけることができるのです。現在の教育は、一人ひとりの個性を尊重することが重視されますが、一方で集団生活や人と自分を比較して客観的に捉える能力が不足しがちであると指摘されています。バレエを通して、自分を表現しつつ、人への配慮やマナーを学ぶことで、バランスの取れたコミュニケーション能力を育むことができます。

EYSキッズバレエの特徴

前述のようなバレエの効果を、最大限引き出すことができるよう、EYSキッズバレエは①年齢・レベル別のクラス分け、②講師の目が行き届く少人数制レッスンにこだわり、カリキュラムを作成しています。

年齢、レベル別クラスで一人ひとりに適切な指導

EYSキッズバレエは、こども一人一人の体の成長にあわせて、ストレッチからテクニックの習得まで丁寧にサポートするため、一般的な教室よりも細かく年齢を分け、加えてレベル別のクラスも用意しています。何歳からでも、安心して楽しくバレエを始めることができる環境を整えています。

講師の目が行き届く少人数制レッスン

加えて、講師が一人一人の生徒にしっかりと向き合うことができるよう、レッスン人数を少人数に抑えています。こどもの体の特性を把握し、適切な指導を行うことはもちろん、「なぜできないのかな?どうすればできるようになるのかな?」と、問いかけ、一緒に考えることで、こどもが自分に向き合う力や思考力を鍛えるサポートを行います。そのため、講師陣には、経験豊かでこどもとのコミュニケーションに長けた人材を採用しています。

幼少期からはじめる重要性

こどもにバレエを習わせたいと思いながらも、何歳から始めるべきか、悩まれる方は多いのではないでしょうか。

EYSキッズバレエでは、1歳から参加できるベビークラスを用意しています。まだ本格的なバレエの動きはできませんが、広いスタジオで体を動かすことで、おうちの中だけでは使わない筋肉も、自然に鍛えることができます。加えて、ベビークラスではママやパパも一緒にレッスンに参加していただき、ご両親とのコミュニケーションの時間として活用いただきたいと考えております。また、ご両親の体やマインドを考慮したプログラムで、抱っこ続きの腰痛対策や、家でもお子様と一緒にできるストレッチなども取り入れています。

ベビーバレエはご検討されていない場合も、体の成長を考慮すると、3〜5歳くらいにはバレエのレッスンをスタートすることをお勧めします。もちろん、バレエは何歳までに始めなくてはならないというものではありませんが、前述の柔軟性や体幹を鍛えるためには、体(特に女性)の基礎ができあがるまでに始めておくことで、より大きな効果が期待できます。

CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

バレエの体験レッスンは2月ごろからのご案内を予定しております。HPや各教室にて告知させていただきますので、ぜひたくさんの方にご参加いただきたいと思います。

また、現在EYSでは、バレエ以外のダンスや、アート領域のレッスンも準備中です。新しいレッスンについても、その内容や効果を今後ご紹介してまいります。EYS-Kidsで音楽のレッスンを受けていただいている方も、ダンスや絵画など、様々なレッスンを受けていただけるサービスをリリースする予定ですので、ぜひ楽しみにお待ちください。

EYS-STYLE広報
EYS-STYLE 広報
株式会社EYS-STYLE の広報です。最新ニュースやプレスリリースを更新します。

Share

facebook twitter