interview hero

R&Dエンジニア

中間 啓介 Kaisuke Nakama

明治大学理工学部情報科学科卒業。卒業後は、大手SIerにてカメラや車、カーナビなどのハードウェア向けのシステムを開発。さらにWebシステム開発を経験したのちEYS-STYLE(現2nd Community)に入社。入社後は社内SEとしてEYS基幹システムの運用保守として、実開発と現場社員との調整や企画までをトータルに担当し活躍。今後は一般向けの大規模プロジェクトのサービス開発を手掛ける予定。

「言われたことをやる」仕事じゃない。
現場の声を聞き、会社の方向を見据え、
さまざまな人と関わりながら
EYSの基幹システムを進化させている

今でこそ幅広くさまざまなサービスを展開しているEYS-STYLE(現2nd Community / 以下、EYS)だが、その最初の事業である音楽学習事業は、EYSの中心事業としてさらなる進化を遂げている。その事業をシステムの面から支えているのが社内SEの中間 啓介氏だ。会員さまがレッスンを予約する時、講師へ質問をする時、講師がレッスンの予約を把握する時など、あらゆる場面で欠かせない社内システムの根幹を担っている。「組織にとって最適なシステムを作ろうと思うならば、できる限り社内でやったほうがいい」と話す中間氏。大手SIerのエンジニアとしてキャリアを積みEYSへ転身した経緯とその想いを聞いた。

Nakama Kaisuke

直接現場に赴き、システムを使う人に話を聞く

中間氏が担当しているのは、Motherという自社の基幹システムと、Second Communityという音楽教室の会員さまと講師をつなげるコミュニティサイトの運営保守だ。実開発と現場社員との調整や企画までをトータルに手掛けている。彼が仕事をする上で大切にしているのは、『現場に行き、現場を直視し話を聞く』という点だ。誰かから聞いた情報ではなく、実際にシステムを使っている人から直接話を聞いて、改修の足がかりやヒントを考え進めていく。システムを構築する上で欠かせない業務だ。そうしてリリースされたシステムに、現場は即座にフィードバックをくれるという。現場からすれば、直接エンジニアと話をしたことでシステムへの期待も高まるのだろう。その内容は「使いやすくなった」といった好評価ばかりではない、トラブルや不満も含まれる。そんなレスポンスもEYSで仕事する面白さややりがいになっている。「ものづくりに関わる人間は、自分のやる仕事を見届けたいし未来につなげていきたい。良くも悪くもユーザの評価は欲しいのです」そうした環境下でシステム構築におけるPDCAをスピーディに進めるために必要な裁量は与えられている。大きな責任を伴うが、責任が大きい分システムエンジニアとしての手応えも大きい。

Nakama Kaisuke

言われたことをやるだけでは、面白くない

中間氏は、大学卒業後大手SIerのファームウエアエンジニアとして、約4年間さまざまな電子機器製品の組込みソフトウェア開発で経験を積み、その後異動し約1年Webエンジニアとして、受託会社に常駐しシステム開発の仕事に従事した。その現場で経験したもどかしい思いが転職を決意させたのだ。「前向きに業務に向き合いつつも、自分のやっている仕事に未来を見出しにくくなってきたのが転身を考えた大きな理由です」と中間氏。顧客の予算内でシステムを構築する受託開発では、個人的にもっとこうしたら良い、と思ったところで勝手に仕様を変更できない、それは自らの仕事に満足出来ないままで終わる、ということにつながっていった。また自ら苦しみながら生み出したコードであっても、仕事が終わってしまえばそれを生かすも殺すも受託先企業にゆだねられ、見届けることはできない。セキュリティの厳しい大手企業では新しい技術のキャッチアップが難しい面もある。『ものづくりをしたい』という中間氏にとって、やりがいを見出しにくい状況だった。次第に、『自らが手を動かし考え、満足に至るまでシステムを構築したい』という想いが強まっていったのは自然なことだった。

Nakama Kaisuke

トップと直接進めていくスピード感とチャレンジングな毎日が面白い

「自社でシステムを開発する企業で働きたい」と考えた中間氏が出会ったのがEYSだ。EYSはRuby on Railsでの自社システム開発をしている。中間氏にはその経験が無かったが、Web開発への前向きな姿勢が評価され入社に至る。「入社当時はとにかく修行だと思ってやってやるぞ!という気持ちでした」自分がめざすべきものを見極め自分の可能性を信じたその決断が、その後のEYSでの日々を充実したものにしていく。
中間氏が入社してまず感じたのは、『会社の方向性が一貫している』ということだった。「前職は大企業だったこともあり会社の方向性が漠然としていましたが、EYSは、『誰にでもやりたい時に好きな楽器で好きな曲を奏でられる機会を提供する、その仕組みを作る』というミッションのもと仕事を進めていきます」EYSのトップと直接話をして考えを聞き、共感し、影響を与えられながら進めるプロセスは、自分の仕事がEYSの目指す方向につながっていることを実感させてくれるものだった。さらにそのスピードも速い。「社長からの依頼のペースが速いので、いかにして納期内にシステムをリリースできるかを考え詰めていくのは、毎回チャレンジングな経験でした」この環境下で研鑽を積み、入社2年でかなりのスキルが身についたと中間氏は振り返る。会社や上司が決定したことを一つの駒となってこなしていくことに疑問を抱き続けた前職での日々が、180度転換した。「ゴールを共有したらやり方は任されています。裁量権が果てしなく大きく責任も重大ですが、この会社に入ってわかったことは、『責任が伴わない仕事は面白くない』ということでした」。

Nakama Kaisuke

入社1ヵ月後にモンゴルへ。エンジニアとしての世界が広がった

入社してすぐに課せられた仕事に、モンゴル出張があった。「私が入社した時はモンゴルにオフィスが立ち上がったところでした。そこでモンゴルオフィスのエンジニアとリレーションを取るために2ヶ月間モンゴルに滞在することになりました」。EYSモンゴルは、いわゆるオフショアとして単純な作業を任せる拠点ではない。実際、モンゴルオフィスのメンバーは大学で情報処理を学び、モンゴル中で1位2位を争うようなエンジニアばかり。EYSは、日本の大手企業が採用に乗り出す前のタイミングで、優秀なエンジニアの採用に成功している。そんな彼らとコミュニケーションを取りながら開発をした経験は、システムエンジニアとしてキャリアの世界を広げ、大きな自信になったという。

Nakama Kaisuke

前向きに仕事に向き合う人に、道は拓かれる

「EYSの社内エンジニアとして仲間に入ってくれるのなら、技術力が突出して高い人というよりは、チームワークを重んじてくれる人がいいですね。できることとできないことをはっきりさせながら、互いに技術を補い高めあえる関係です。どんなことにも当事者意識をもって取り組めば、それが結果として幅広い経験を積むことになり、会社のみならず自分のためにもなると思います」。2年前大手SIerから思い切って転身し、一時2割減した年収も、チャレンジングな毎日を過ごしていくうちに、あっという間に転職前の年収を超えていったという中間氏。前向きに仕事に向き合う人に、道は拓かれる。中間氏のキャリアは、EYSの進化とともに加速していく。

blogArea

中間 / 執筆記事

leaders

音楽学習事業を推進する
プロジェクトメンバーのご紹介

鮎澤 和彦
音楽学習事業本部 本部長執行役員

鮎澤 和彦

1972年生まれ。幼少より母親より三絃(三味線)、箏の手ほどきを受け、人間国宝 米川敏子に師事し名取を許される(許名:敏和)、1996年 法政大学文学部日本文学科卒業後、株式会社すかいらーくに入社、バーミヤン担当としてキャリアを積む。2005年 NHK邦楽技能者育成会50期終了後、プロ活動へ。2011年 EYS-STYLE(現2nd Community)と業務委託契約にて講師に着任。その後正社員となり現在に至る。三味線、箏をはじめ、二胡などの伝統楽器の家元やその奏法、歴史について深い造詣を持つ。

インタビューを見る
畑村 達樹
執行役員

畑村 達樹

2016年末、EYS-STLEにアルバイト入社。 2018年より同社の社員となる。
体 験テレマ課の課長、カスタマーサポート業務、営業業務、イベント業務などを経て、カスタマーサポート課の課長。2020年1月25歳の最年少執行役員に就任。酒の弱い酒好き。

インタビューを見る
吉田 翔
スタジオ管理部部長

吉田 翔

大学卒業後、約7年間高級家具の販売営業として活躍。企業経営者、有名人など世の中に影響力の高い人々と仕事を介し、物事の捉え方や考え方など様々な影響を与えられる。その顧客の一人であった社長の吉岡の言葉によりEYS(現2nd Community)へ入社。入社後は気持を新たに、自由な発想で、エキサイティングな毎日を楽しんでいる。

インタビューを見る
大澤 聡
R&Dエンジニア

大澤 聡

大手SIerに10年間勤務し、企業のシステム開発に従事。2012年EYS-STYLE(現2nd Community)入社。会員向けサイト「セカンドコミュニティ」立ち上げにあたり、Ruby on Railsによる開発を担当。

一度ベンチャー企業へ転職するも、2012年再入社。現在は、EYS-STYLEの基幹システムから会員・一般向けサイトまで全システムの開発から運用までを一手に担う。

インタビューを見る
中間 啓介
R&Dエンジニア

中間 啓介

明治大学理工学部情報科学科卒業。卒業後は、大手SIerにてカメラや車、カーナビなどのハードウェア向けのシステムを開発。さらにWebシステム開発を経験したのちEYS-STYLE(現2nd Community)に入社。入社後は社内SEとしてEYS基幹システムの運用保守として、実開発と現場社員との調整や企画までをトータルに担当し活躍。今後は一般向けの大規模プロジェクトのサービス開発を手掛ける予定。

インタビューを見る