大学のOB会を開催してみた

みなさん、こんにちは!入会事務の稲田です。 

季節の変わり目ですね。社内でもマスク人口がどんどんと増えています。 

みなさんもご自愛ください! 

さて、今回は私事の記事となりますが、大学時代のピアノサークルのOB会の運営をやっておりまして、 

先日、無事にOB演奏会が、2部構成で開催となったので、その模様をお送りいたします。 

ちなみに、ピアノサークルというのは、ピアノを弾いたり聞いたりするのが好きな人が集まるサークルですよ。 

昼の部 

昼の部の舞台がこちら。 

歴史ありそうな建物ですね。 

明日館(みょうにちかん)という建物で、作られたのは大正時代、重要文化財に指定されている建物です。 

こんな素敵な会場をいったいどうやって見つけてくるのでしょうか。私以外の運営委員の活躍ぶりが光ります。 

中に入ると、講堂のような雰囲気ですね。この日は暑くもなく寒くもなく、ちょうど良い感じでした。 

私はステマネの仕事を割当されたので、時間通りにリハーサルをこなし、本番のタイムキープ等を行っていました。 

演奏するのは、普段はサラリーマンをやっていたり、主婦だったり、そういう人たちがほとんど。生活の時間を削って、今日の為に練習してきてくれました。 

サークル時代の演奏会を彷彿とさせる緊張感で、こういう非日常は良いですね。普段の延長でない時間は、心がリセットされます。 

夜の部 

昼の演奏会終了後、夜の会場へ移動です。 

パーティ会場で、ここにもピアノがあります!普段はバンドとかの演奏をやっているみたいです。 

夜の部は私も演奏しました。 

ピアニカで1曲、それとピアノも弾いてみました。 

音楽教室に勤めていながら、音楽教室に通っていないので、演奏の出来はぼちぼちですが、これも非日常で、非常に楽しい時間を過ごすことができました。 

今回のような集まりが定期的にできるよう、再開を誓って解散しました。 

会社以外で人と集まる機会って滅多にないので、こういうコミュニティは貴重ですね。 

個人的なレポートで恐縮ですが、社内でも社外でも、全力で楽しく生きようとしているんだなと思っていただければ幸いです。 

稲田泰明
稲田 泰明
元調律師 現EYS入会事務リーダー

Share

facebook twitter