EYS-Kids 初の「こども発表会」を開催いたしました

※当イベントは終了しております。

みなさん、こんにちは。EYS-STYLE広報の泉です。

EYS音楽教室では「第1回 EYS音楽教室 こども発表会」を、2019年8月21日(水)に千代田区立内幸町ホールにて開催致しました。EYS音楽教室の12歳以下のお子様を対象とした、EYS-Kids初の発表会です。

生徒様や講師からの声で開催が決定

EYS音楽教室では2017年2月からEYS-Kidsをスタートし、現在は全国で約650名(2019年9月現在)の方にご入会いただいております。

生徒様や講師より、これまでの練習の成果をご家族やお友達に、是非披露したいというお声をいただき、発表会を開催することを決定。2018年12月より準備を始め、3月に生徒様への告知、出演者募集を開始。今回出演される生徒様には、約半年かけて、じっくりと練習と準備を進めていただきました。

発表会というと一般的にはかしこまった雰囲気での開催をイメージされる方が多いのではないでしょうか。しかし、EYS音楽教室では「自分の奏でたい音楽を楽しむ」という当社のコアマインドのもと、一味違った発表会をご用意しており、その特徴は舞台セットからプログラムまで、様々な点に表れています。

EYS-Kidsに込めた思い 〜こどもたちが音楽に挫折しない教室を〜

社名でもあり、音楽教室の名称でもある「EYS」。これは「Enjoy Your Sound」の頭文字をとっています。自分自身の音楽を楽しむ−−−こどもも大人も「音楽に挫折せずに、音楽を楽しむことができるようになってもらう」ことがEYS音楽教室のコンセプトなのです。

EYS-Kidsは、お子様たちの「やってみたい」という気持ちを何よりも大切に、正面から向き合うことからスタートしました。実は、幼少期から音楽を習っていても、成長するにつれて教室通いをやめてしまい、そのまま音楽とは疎遠になってしまうという人は多いのです。昔、音楽教室に通っていた方であれば、なんとなく思い当たる節がある方も多いのではないでしょうか。

こども向けの音楽教室は、世の中にたくさんあります。しかし、一般的にピアノ、ヴァイオリンが中心で、お子様がレッスンを受けられる楽器は実は少ないことをご存知でしょうか?カリキュラムも「楽器を問わず、はじめは鍵盤レッスンから」と決められているケースが多いのです。

しかし、ピアノやヴァイオリン以外の楽器に興味を持つお子様だっているはず。

小学生で音楽教室を辞めてしまうお子様がたくさんいるけれど、自分にあった楽器を見つけることができれば、楽しく音楽を続けられるのではないか…

「こどもたちに様々な楽器を演奏するチャンスを与えたい!」

そんな思いからEYS-Kidsはスタートしたのです。

「それぞれの奏でたい音楽を楽しむ」EYS音楽教室の発表会

EYS音楽教室こども発表会は、これらのEYS-Kidsの集大成として「生徒様それぞれのスタイルで音楽を楽しんでいただくこと」を目的として開催しています。その特徴を発表会の様子も交えながら、ご紹介させていただきます。

様々な楽器での参加が可能

EYS音楽教室のこども発表会は、様々な楽器での参加が可能です。ピアノはもちろん、ヴァイオリンやドラム、歌まで、参加楽器を限定していません。

EYS-Kidsの大きな特徴の一つとして、幼少期から様々な楽器に挑戦できるカリキュラムがあります。実は、一般的な音楽教室は小さいうちはピアノやヴァイオリンしか習うことができないところが多いのですが、EYS音楽教室では幼少期から自分の好きな音、好きな楽器を見つけて、音楽を心から楽しめるようになってほしいという思いから、管楽器なども含む多種多様な楽器のコースをご用意しています。ですので、もちろん発表会も様々な楽器での参加が可能となっているのです。

発表会当日は、他の生徒様の演奏も聴いていただくのですが、様々な楽器での演奏を聴くことができるので、発表会そのものが、新しい楽器や音楽との出会いの機会となります。発表会で興味がわいた楽器があれば、今後のレッスンでお試しいただくこともできます。

様々なジャンルの楽曲でのご参加が可能

様々な楽器があるということは、もちろん様々なジャンルの楽曲でのご参加も可能です。

「発表会」というとクラシック音楽の演奏をイメージされる方が多いかもしれませんが、EYS音楽教室のこども発表会ではクラシック、ジャズ、ポップ…どんなジャンルでもご参加いただけます。楽器同様、音楽の種類は一種類ではありません。自分の好きな音楽を、思う存分楽しんでいただくことを重視しています。

演奏スタイル(ソロ、セッション)も自由

演奏のスタイルも様々です。ご兄弟やお友達との連弾や、違う楽器とのセッションでもご参加いただけます。当日はピアノの連弾や、ウクレレとギターのセッション等、様々なスタイルでの演奏を披露いただきました。

誰かと一緒に演奏することは、音楽の中でも取り分け楽しい部分だと思いますが、残念ながら普段のレッスンではなかなか機会がありません。発表会という特別な機会を利用して、このような演奏スタイルにもぜひ挑戦していただきたいと思います。

誰もが楽しんで演奏できる環境作り

演奏する音楽だけでなく、演奏していただく環境にもEYS-Kidsの思いが込められています。

スポットライトのあたる舞台で注目を浴びて演奏するのは、お子様でも大人でも緊張してしまうものではないでしょうか。適度な緊張や気持ちの高揚は良い効果もありますが、やはりせっかく練習してきた音楽を、存分に楽しんで演奏していただきたいと私たちは考えています。

今回の発表会のテーマは「EYSキャッスルのお庭で音楽フェスティバル」です。舞台背景には、EYSキャッスルの様子が描かれており、ホールの中でありながら屋外にいるような開放感を感じていただけるように工夫しました。

もちろん、会場の内幸町ホールは素敵なホールですが、舞台の上で演奏するだけが音楽ではありません。最近では、日本でも音楽フェス等が非常に人気ですが、街角での演奏や屋外フェス等、人が集って音楽を気楽に楽しむ場所は無限にあります。発表会でも自分自身の演奏を楽しんでいただくため、このような舞台セットをご用意させていただきました。

音楽を通じて人とつながる喜びを知ってほしい

そして、最後には出演者の皆様で、一緒に米津玄師さんの「パプリカ」を合唱。普段は違う教室に通っていたり、レッスンでは出会う機会もほとんどない皆様ですが、同じ空間で同じ音楽を共有する楽しさを感じていただきたいと考え、合唱の時間を設けました。

EYS音楽教室 こども発表会が目指すもの

いかがでしたでしょうか。EYS音楽教室 こども発表会のこだわりを知っていただけたでしょうか。

EYS-Kidsでは生徒様それぞれのスタイルで、ご自身が奏でたい音楽を心から楽しんでいただくことを、何よりも大切にしています。また、音楽には演奏する楽しさはもちろん、それに加えて「合奏する楽しさ」「聴く楽しさ」等、多様な楽しみ方があります。しかし、普段のレッスンでは、合奏したり、他の人の演奏を聴くという機会は多くはありません。EYS音楽教室に通う皆様には、発表会という機会を通じて、幼少期からこれらの音楽の多様な楽しみ方や、有用性に気づいていただきたいと考えています。音楽に挫折してしまうお子様をなくしたい、それがEYS音楽教室の願いであり、ビジョンなのです。

こども発表会は、9月に関西と東海でも開催することになっております。関西は9月14日(土)ハーモニーホールにて、東海は9月21日(土)Studio Riritaにて、開催いたします。

今後も関東、関西、東海で年に1度の開催を予定しており、さらに内容を進化させていきたいと考えておりますので、ぜひご期待いただきたいと思います。

EYS-STYLE広報
EYS-STYLE 広報
株式会社EYS-STYLE の広報です。最新ニュースやプレスリリースを更新します。

Share

facebook twitter